メニュー

リンク集

運営者情報

お金の貸し借りについて

"もし、私がお世話になった方にお金を貸して欲しいと頼まれた場合、その人の返済能力を確認します。基本的に金の切れ目は縁の切れ目という事もあり、貸さない事が多いのですが、どうしてもというのであれば、まずその人の性格と所持品を確認しておきます。親しく無い人にはまず捨ててもいいと思う金額しかかしません。三千円位までです。

親しい人であれば、まず金額を確認。
どれだけお世話になったか気持ちの問題かと思います。
私はケチなので家族以外には親しい人でも10万までです。
こちらも生活が厳しい、貯金がないということを伝えて極力貸しません。

お金を貸す際、誰にでも借用書を書いてもらいます。
何のために使うのか。誰から借りて、いつ何円貸したか。いつまでに誰に返すか。を記入します。あくまでも返してもらう事を前提にさせます。
数百円位ならどうでもいいですが、口約束では忘れられてしまう事もあり、特にこちらは借りる人の性格にもよります。

"

お金が問題で友人をひとり無くしました

"私がまだ中学生ぐらいの時に親から「人にお金を貸すときは返ってこないものを思って渡さないといけないよ」と言われたことがあります。中学生では友人同士でもお金の貸し借りなんてほとんどないですし、あってもジュース1本程度の値段のもので翌日には返ってきました。なので、あんまり親のその言葉の真意が分かってませんでした。

社会人になってから高校時代の友人から連絡があり、お金を貸してほしい、会える時間がとれないので口座に振り込んで欲しいと言われました。自宅に泥棒が入られて金銭類を盗まれた、親は病気しているので心配をかけたくないとのことでした。
高校を卒業してからも何度か会っていたので、不安も少しありましたが力になりたくて数万円を振り込むことにしました。
翌月に出るボーナスで返せるということだったのですが、連絡は何もありませんでした。あとで分かったことですが、泥棒の話などは嘘で消費者金融に手を出し、返せなくなっていたみたいです。

友達に騙されて悔しい気持ちと、借金生活から抜け出せているのかという心配な気持ちが今でも入り混じってます。
でももう連絡があっても友達が言ってることは信用できないんだろうなと思います。"

WAONを使っています。

"私が持っている電子マネーは「WAON」です。作った理由は、たまたま買い物に行った時に、薦められて作ったのが理由です。私が住んでいる所は、イオングループが多いので、買い物の時に、WAONで支払いをします。
チャージも機械でもできるし、ポイントも貯まるので、私的には、利用回数は多いほうだと思います。
ご当地カードとかもあるので、好きな県のカードが選べるから、大好きな沖縄のカードにしてます。
イオンには、週3回は買い物行くのですが、買い物途中で、お金が足りなくなったことがあり、WAONで支払いできたので、WAONにチャージしておいて良かったと、あの時は思いました。
イオンのお客様感謝デーは、ポイント○倍や、5パーセントオフになるので、WAONで支払います。クレジットカードよりは使いやすいです。
うちは、子供にも持たせています。それは、友達とイオンに映画を見たり遊びに行ったりするときに、お昼を食べたりするのに、WAONを1000円だけチャージしてあるのを持たせます。あと、小銭を少し持たせるだけです。余分なお金を持たせないで済むので、安心です。
ひとつ、WAONを使って、いつも思うことは、WAONがイオングループでしか使えないことです。
セブンイレブンは、ナナコだし、電子マネーが、ひとつで済むようにならないかなといつも思います。
お店ごとに電子マネーがあるのって、面倒じゃありませんか?イオン以外でもWAON使えると、助かるんだけどな。
でも、私の行動範囲はイオン中心なので、今のところは満足しています。"

続きを読む "WAONを使っています。" »