メニュー

リンク集

運営者情報

JCBカードを作ったのは

"20歳のころに、JCBの何の機能もないシンプルなシルバーカラーのクレジットカードを作りました。それをどこかで申し込んで1枚だけ所持していました。

とくにそれが要るような用件はありませんでしたが、20歳を超えたらクレジットカードを1枚ぐらい作っておいたほうがよいと身内から聞いていました。そして作れるようになったから作っておくことになりました。

JCBにしたのは、メジャーなクレジットカードだからであって、VISAやMASTERよりも、JCBはCMでよく流れていて安心感のあるブランドと考えていました。

CMでは当時木村拓哉が宣伝していたこともあって、ハンサムな印象があります。

デザインのシルバーもつやがあってカードの印象がよく、ファッショナブルでした。

しかしながら、カードを持っていただけで実際にそれを使う場面などほとんどありませんでした。使ってみようと思って、使ったことがあり、レジを通るときにカードをさっと取り出し、自らの筆跡でサインをすることが2度3度あった程度のことです。"