メニュー

リンク集

運営者情報

なくなってありがたみが分かる

"お金はあるときには、そのありがたみがよくわかりません。
なくなって初めてお金のありがたみがわかるのです。
なんだか親に似ていますけれど…

お金をいっぺんに失うようなことが起こると、人は再起不能
に陥ることになります。経営している会社の倒産であったり、
地震による自宅の全壊であったり。

このような状態に陥るとほんとにお金のありがたみがわかる
ものです。破綻なく順調に行っている時はそれほどの必要性
を感じないものの、何かあったときのためにはお金を持っておく必要があるのです。そのため人は万が一のために、保険
に入っています。

一度おおきなお金を失った人は、その大切さに気づき
次は同じ間違いをしないようになります。慎重な経営
だったり、保険への加入であったり。"