メニュー

リンク集

運営者情報

お金が問題で友人をひとり無くしました

"私がまだ中学生ぐらいの時に親から「人にお金を貸すときは返ってこないものを思って渡さないといけないよ」と言われたことがあります。中学生では友人同士でもお金の貸し借りなんてほとんどないですし、あってもジュース1本程度の値段のもので翌日には返ってきました。なので、あんまり親のその言葉の真意が分かってませんでした。

社会人になってから高校時代の友人から連絡があり、お金を貸してほしい、会える時間がとれないので口座に振り込んで欲しいと言われました。自宅に泥棒が入られて金銭類を盗まれた、親は病気しているので心配をかけたくないとのことでした。
高校を卒業してからも何度か会っていたので、不安も少しありましたが力になりたくて数万円を振り込むことにしました。
翌月に出るボーナスで返せるということだったのですが、連絡は何もありませんでした。あとで分かったことですが、泥棒の話などは嘘で消費者金融に手を出し、返せなくなっていたみたいです。

友達に騙されて悔しい気持ちと、借金生活から抜け出せているのかという心配な気持ちが今でも入り混じってます。
でももう連絡があっても友達が言ってることは信用できないんだろうなと思います。"