メニュー

リンク集

運営者情報

お金の貸し借りについて

"もし、私がお世話になった方にお金を貸して欲しいと頼まれた場合、その人の返済能力を確認します。基本的に金の切れ目は縁の切れ目という事もあり、貸さない事が多いのですが、どうしてもというのであれば、まずその人の性格と所持品を確認しておきます。親しく無い人にはまず捨ててもいいと思う金額しかかしません。三千円位までです。

親しい人であれば、まず金額を確認。
どれだけお世話になったか気持ちの問題かと思います。
私はケチなので家族以外には親しい人でも10万までです。
こちらも生活が厳しい、貯金がないということを伝えて極力貸しません。

お金を貸す際、誰にでも借用書を書いてもらいます。
何のために使うのか。誰から借りて、いつ何円貸したか。いつまでに誰に返すか。を記入します。あくまでも返してもらう事を前提にさせます。
数百円位ならどうでもいいですが、口約束では忘れられてしまう事もあり、特にこちらは借りる人の性格にもよります。

"